たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

『夜明けの続唱歌』の登場人物 (2007年)

f:id:hidden_12:20200705175243j:plain

2007年。

ゲーム以外に、物語を表現できる手段はないかと、模索していた時期でした。

そんななかボイスドラマ形式でかたちにした『指を失くしたピアニスト』というお話があります。

『夜明けの続唱歌の物語の舞台となる世界にある、浹瓶国(ウェレンス・ベル)という国の城下町。

そこの小さな酒場での出来事を描いた、短いお話でした。

 

当時、ネット上で声の活動をされている方々にご協力頂き、短期間で無事に公開に漕ぎ着けることができました。

 

私もシナリオだけでなく演者として声での参加をし、登場人物のイラストも用意したり、つたないながらも懸命にやっていたことを覚えています。

 

あれからもう十年以上も経つとは驚きですが、イラストや当時の音声が残っているおかげで、こうして歩いてきた道がたどれるのは、やはり悪くないものです。

この物語も、いずれ小説にしたいと思っています。

 

 

登場人物紹介

人物の紹介とともに、 声を担当してくださった方のお名前も、ここに記しておきます。

感謝の気持ちは、あのころと変わりません。

いまでも思い出深い作品として、大切にしています。

彼ら、彼女らがここをご覧になることなどないとは思いますが、みなさんがそれぞれの場所で、 ご活躍されていることを願ってやみません。

 

 

(2007,04,25)ルーシス・クーゼル (CV:九世春人)

f:id:hidden_12:20200705175705j:plain

(2007,04,25)ルーシス・クーゼル

<指を失ったピアニスト>

天才ピアニストと謳われた人物。

ひと月前の公演のさなか、老朽化により崩れた礼拝堂から逃げ遅れた子供を助ける際に、倒れてきた柱と壁の間に指を挟んでしまう。

以来、右手の指とともに生きていく希望をも失い、 城下町の酒場『旋律の環』に入り浸るようになる。

 

 

(2007,04,25)リティ・イクセンス (CV:ikuse)

f:id:hidden_12:20200705180212j:plain

(2007,04,25)リティ・イクセンス

<宿屋の娘>

ユンクと親しい、城下町にある宿屋の娘。

夜はいつも『旋律の環』へ遊びに来てユンクの手伝いをしている。

明るく前向きな性格で、事故以前よりルーシスのことを気にかけている。

 

 

(2007,04,25)ユンク・アヤ・ドゥノア (CV:綾部朱鷺)

f:id:hidden_12:20200705180319j:plain

(2007,04,25)ユンク・アヤ・ドゥノア

<酒場の娘>

浹瓶国(ウェレンス・ベル)城下町にある酒場『旋律の環』を経営する娘。

幼くして母を失い、一年前父も他界した。以来一人で酒場を切り盛りしている。

リティとは幼馴染で、 いつも手伝いに来てくれることにとても感謝している。

 

 

(2007,04,25)グロシア・シャノ(CV:星清砂音)

f:id:hidden_12:20200705180448j:plain

(2007,04,25)グロシア・シャノ

<城に仕える弓使い>

弓使いとして城の護衛を勤める女性。

夜はよく酒場に顔を出しては、ユンクに愚痴をこぼしている。

自信家で意志が強く、気落ちしているルーシスに多少厳しく接する。

 

 

(2007,04,25)ダルク・フォルティトゥード (CV:hidden)

f:id:hidden_12:20200705180548j:plain

(2007,04,25)ダルク・フォルティトゥード

<読書に耽る占術師>

いつも酒場の隅で書物を手に酒を飲んでいる、黒尽くめの占術師。

謎が多く、昼間の顔を知る者はいない。

高額な料金で客を占うが、気紛れにより一方的に助言することもある。

 

 

『夜明けの続唱歌』の創作がはじまった経緯はこちらの記事からどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ