たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

『夜明けの続唱歌』の登場人物 (2007年の模索)②

f:id:hidden_12:20200731183715j:plain

試行錯誤の日々。

2007年その②。

自分の作品の登場人物を描くときに備え、 外出時の空き時間などを利用しつつ、雑誌や冊子を見ては、人物を描く練習をしていました。

今回は前回に引き続き、そのころの絵をご紹介。

 

 

f:id:hidden_12:20200731183907j:plain

f:id:hidden_12:20200731184108j:plain

f:id:hidden_12:20200731184122j:plain

f:id:hidden_12:20200731184134j:plain

塗り方は、いまと比べるとかなりあっさりしている感じがします。

 

外出先で雑誌などを見て描き、自宅で着色したので、すでに手もとに見本の写真はなく、配色はどれも思いつきだったと思います。

着色や配色も、練習のひとつでした。

 

私の場合、時間を決めるなどして区切らなければ、いつまでも一枚の絵を描き続けてしまいます。

登場人物は大勢います。

数をこなせるだけのスピード感は、どうしても必要なことでした。

 

f:id:hidden_12:20200731184918j:plain

f:id:hidden_12:20200731185029j:plain

f:id:hidden_12:20200731185040j:plain

f:id:hidden_12:20200731185053j:plain

「人柄や人生は顔つきに出る」などともいいますが、想定している人物の性格を、そのまま人物画として描き表すのは、なかなか難しいことです。

ラフではまずまずでも、塗ると印象が大きく変わったりします。

装飾品などで表現できる部分もあるんだな、ということも描いていて身についていく気がします。

「道を知っていることと、実際に歩くことは違う」ということでしょうか。

 

 

前回の記事はこちらからどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

『夜明けの続唱歌については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ