たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

『夜明けの続唱歌』の登場人物 (2007年の模索)③

f:id:hidden_12:20200801195034j:plain

試行錯誤の日々。

2007年その③。

自分の作品の登場人物を描くときに備え、 外出時の空き時間などを利用しつつ、雑誌や冊子を見ては、人物を描く練習をしていました。

今回は前回に引き続き、そのころの絵をご紹介。

 

 

f:id:hidden_12:20200801195131j:plain

f:id:hidden_12:20200801195146j:plain

f:id:hidden_12:20200801195157j:plain

f:id:hidden_12:20200801195213j:plain

 

このころは、現在の絵と比較するとあまり顔に陰影がありませんね。

 

数をこなすのと同時に、短時間で効率よく塗る手順を模索していた、というのもひとつの理由ですが、やはり表情があまり出せていないように思います。

 

f:id:hidden_12:20200801195406j:plain

f:id:hidden_12:20200801195419j:plain

f:id:hidden_12:20200801195430j:plain

f:id:hidden_12:20200801195449j:plain

 

まとめて描くことで発見もあります。

 

自分の癖や苦手なもの、苦手ゆえに避けがちなもの。

対象を選んで描くのではなく、冊子を開いてまずは描いてみる

つたなくも得られるものはあったと思います。

 

f:id:hidden_12:20200801203709j:plain

f:id:hidden_12:20200801203723j:plain

f:id:hidden_12:20200801203755j:plain

f:id:hidden_12:20200801203807j:plain

 

数をこなすのはここでひと区切り。

このころの練習も、私の絵のどこかで、いまも活きているのだと思います。

 

 

前回の記事はこちらからどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

『夜明けの続唱歌については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ