たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【創作】人物は「そのキャラがもつこだわり」で光らせる【小道具で描く】

f:id:hidden_12:20201101190334j:plain

創作中の物語『夜明けの続唱歌より。

引き続き2013年の絵になります。

人物は「そのキャラがもつこだわり」で光らせる、についてのお話。

 

 

(2013,02,09)ナオト・ゴート

f:id:hidden_12:20201101190437j:plain

(2013,02,09)ナオト・ゴート

f:id:hidden_12:20201101190511j:plain

木樵の息子。

父の生業は継がず、民家に出没する猿を追いながら、そのほかの害獣狩りをする。

愛馬は大型で馬力があり、他人はその背に乗せようとしない。

遊戯札(ゆうぎふだ)が得意で、しばしばふらりと街におりては対戦相手を探している。

 

趣味や、所持している小物から、その人物のこだわりなどが見えてきます。

そのキャラクターが、なにを大事にしているか、ということですね。

 

物語のなかでそういったこだわりが光ることによって、人物の魅力がより深まります。

ですから小道具をおろそかにしてはいけません。

その人物になったつもりで、趣味嗜好を考えてみましょう。

 

たとえば、このキャラクターは馬を大切にしています。

 

馬を小道具としてしまうのはいかがなものか、と思うところだとは思いますが、これが「劇場で催される舞台」なら、本物の馬ではなくハリボテのセットや、人が被りものをしたりして表現するところだと思います。

舞台が現代なら、馬ではなく自動車やバイクでしょうか。

キャラクターの周囲のものを捉える場合、そうやって客観的に想像しやすいものに置き換えてみるのも、ひとつの方法だと思います。

今回はキャラクターの魅力の光らせ方のお話ですので、ここは便宜的に一度、馬も「キャラクターを描くための小道具」として考えてみてください。

 

話を戻しましょう。

このキャラクターは馬を大切にしています。

単なる「移動の手段」ではなく、周囲に互いの友情さえ感じさせるほどです。

 

それを客観的にも感じさせる場面を描くわけですね。

たとえば馬の首を抱いて長い時間ぼそぼそと語る姿や、丁寧に馬体を洗ってやる姿など。

馬のほうにしても、日頃の主人による溺愛ぶりが心を開かせたのであって、主人以外の他人は背中に乗せたくないわけです。

 

端々にそういった描写が描かれることによって「この人は○○な人です」という「言葉だけの説明」よりも、ずっと伝わりやすくなります。

 

キャラクターは、小道具を所持しているだけでは非常にもったいないのです。

そこにしっかり「こだわり」をもたせて、描きましょう。

 

 

『キャラクターの特徴づけ』については、こちらの記事も参考にしてみてください!

picoblog.hateblo.jp

 

『オリジナリティを育てる方法』については、こちらの記事からどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

『夜明けの続唱歌関連の前回の記事はこちらからどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

 『夜明けの続唱歌については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ