たぬぴこ!

創作活動などをゆるっと紹介するブログです。

【レトロゲーム】思い出4:FLAPPY(フラッピー)【FC】

今回はレトロゲームのお話。

攻略情報ではなく、かつて遊んだことのあるゲームの思い出を綴ってみようかと思います。

 

 

(1985-06-14)フラッピー

ファミコン版『FLAPPY』(フラッピー)。

1985年6月14日発売。

 

母の友人の息子さんから譲り受けた1本でした。

 

赤と青の石は横に動かすことができ、地面のブロックからはみ出すと画面下に落ちます。

赤い石は踏むと潰れて消えてしまうので、使い方を考えて動かさなければなりません。

青い石を青いブロックの上に置くとクリア、というパズル要素のあるゲーム。

ステージ上には敵もうろついているので、アクション要素もあります。

 

この時期のゲームあるあるですけど、結構難しくてクリアできませんでした。

 

ちょっと調べてみたら

「通常のステージ200面+ボーナスステージ40面の合計240面」とのこと。

いや、ステージが多すぎる。でも、これもこの時期のゲームあるあるですね。

ファミコンだけでなく、さまざまな機種に移植されています。

 

そしてこの作品も、軽快なBGMが印象的です。

音色が少ない分、耳に残りやすいというのもあるでしょうけど。

 

ドラゴンクエスト』シリーズの音楽でも知られる、すぎやまこういちさんは「聴き減りしない音楽」がいいゲーム音楽、と話していたことがありました。

ゲーム音楽は長時間聴くことになるので「ずっと聴いていられること」が大切なんですよね。

レトロゲームはたくさんありますけど、いまだにBGMとして聴ける作品は「聴き減りしない音楽」の要素を満たしているのだと思います。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ