たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【創作】続けることが過去と未来を繋ぐ【継続】

f:id:hidden_12:20201211214737j:plain

f:id:hidden_12:20201212110152p:plain

引き続き2014年の絵より。

最初の小説を書き終えたころに描いた人物。

というわけで今回は

「続けることが過去と未来を繋ぐ」についてのお話。

 

 

(2014,12,29)アダム・シデンス

f:id:hidden_12:20201211215132j:plain

(2014,12,29)アダム・シデンス

長い間、ひたすらに構想を続けていた創作物語『夜明けの続唱歌

 

 

創作開始の経緯についてはこちらの記事からどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

1997年ごろに構想がはじまっているため、今年で23年ほどになるのでしょうか。

早いものです。当時は、これほどの歳月を費やすことになるとは、想像もしていませんでした。

 

2013年の12月12日に、私はTwitterにてこんなツイートをしました。

 

 

この日の夜『夜明けの続唱歌』小説の、1ページ目を書きました。

あれからもう7年も経つなんて、驚きですね。

 

2013年12月よりおよそ一年を経て、はじめての小説を書きあげました。

文庫本に置き換えると200ページほど。

上のイラストは、小説を書き終えたころに、登場人物の一人であるアダムを描いたものです。

 

舞台は雪国。

馴鹿(となかい)の牧場や、謎多き女性リデルなどが物語の中心となります。

 

f:id:hidden_12:20201211222605j:plain

(2014,12,29)アルトゥンブルクにて

 

この200ページの小説、はじめは満足していましたが、次第に「なにか違うな」と感じるようになりました。

老若男女、複数の知人に読んでもらい、感想ももらいましたが、きちんと小説を書くこと自体はじめてで不慣れだったこともあり、結局のところ「修正をするべきだ」という結論に達しました。

 

その後、いくつかの短編を書き、自分の小説のテンポのようなものを掴むことに努めました。

ジャンルにもこだわらず、SFや現代物、時代物もはじめて書きました。

コンクールにも応募。いろいろやってみるべきですね。

入選などはもちろんしませんでしたが、決められた条件下で小説を書くということは、よい刺激となりました。

 

短編をいくつか書きあげたことで、ちょっとだけスキルアップしたような気分にもなり、1巻を書き直す意欲もわいていました。

 

 

こちらは2016年の12月12日にツイートした、途中経過。

 

 

f:id:hidden_12:20201211221958j:plain

まるごと書き直した1巻の小説

↑この1巻が、のちに私の初の文庫本となったものです。

 

ブログでも何度かお見せしていますが、コチラ↓がその文庫本。

f:id:hidden_12:20201211223214j:plain

 

文庫用に体裁を整えることに時間をかけましたが、満足のいく1巻ができたと思います。

現在、2巻の文庫化に向けてルビ振りを行っています。

年内に、と考えていましたがもう少しかかりそうですね。

 

 

登場人物たち

f:id:hidden_12:20201211223624j:plain

(2014,12,29)アダム・シデンス

時の経過とともに、登場人物も修正を重ねました。

 

f:id:hidden_12:20201211223508j:plain

(2017,03,11)アダム・シデンス

 

f:id:hidden_12:20201211223808j:plain

(2020,02,11)アダム・シデンス

 

f:id:hidden_12:20201211223907j:plain

(2014,12,29)リデル

 

f:id:hidden_12:20201211224007j:plain

(2018,02,11)リデル

 

f:id:hidden_12:20201211231822j:plain

人物カード

 

さまざまに動くことで、より自分に合った表現というものが見つかります。

 

「登場人物をどういったスタイルで描くか?」ということも2000年あたりからずっと模索し続けてきて、ようやく今年、そのスタイルを決めることができました。

以前描いたものもすべて「色塗りのリテイク」という様相を呈していますが、少しも苦だとは思いません。

ひとつひとつ仕上がっていくのが、楽しみです。もっと時間がほしい。

 

これまでに積みあげてきた「過去」「未来」へと続いていくように、小説やイラストだけでなく、今後もより精力的に創作活動を続けていきたいと思います。

 

またここから10年先、20年先と、思い描くものをカタチにしていきたいですね。

ひとつずつ、一歩ずつですが、それを私自身が一番愉しみにしているようにも思います(笑

こんな地道な創作活動を応援してくださる方がいたなら、とても嬉しく、幸せに思います。

 


『夜明けの続唱歌については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ