たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【ゲーム】旅立ちの群像劇:ドラゴンクエストIV 導かれし者たち【DQ4】

f:id:hidden_12:20210210175936j:plain

f:id:hidden_12:20210210201944p:plain

1990年2月11日はドラゴンクエストIV 導かれし者たちの発売日。

前作では社会現象を巻き起こし、そこからさらに新たな試みがなされた作品です。

というわけで今回は

「旅立ちの群像劇:ドラゴンクエストIV 導かれし者たちについてのお話。

 

 

勇者

f:id:hidden_12:20210210202038j:plain

勇者 ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

前作までが「ロトシリーズ」で、今作からは「天空シリーズ」がはじまりました。

 

私は、はじめてプレイしたRPGがこのDQ4でした。

f:id:hidden_12:20210210202123j:plain

非常に思い出深く、思い入れの強い作品です。

 

主人公の名前を入力して、ゲームスタート。

前情報がなければ、そのはじまりに驚かされます。

 

DQ4「章仕立て」で進んでいきます。

ファミコンで発売された当時、そんな演出のRPGは見たことがありませんでした。

 

プレイヤーキャラクターは勇者を含め「導かれし者」と呼ばれる8人で構成されています。

第一章から第四章までは、勇者の仲間となるキャラクターそれぞれの旅立ちが描かれます。

そして第五章でようやく、冒頭で名前を入力した勇者が登場。

それまでの章に主役として登場した7人と出会い、仲間に加えていきます。

そして人間を滅ぼそうとする「地獄の帝王」を倒すために冒険をするというストーリー。

 

章が変わるたびに「旅立ち」が描かれるため、自由度は前作よりも低いかもしれませんが、それぞれのキャラクターを掘り下げて描くことに成功しています。

敵側の物語も描かれることで、より物語性が増しているともいえるでしょう。

最後に全員が集まるという高揚感も、クロスオーバー作品にみられる「知っているあのヒーローが一堂に会する」といった感覚に近いものがあるかもしれません。

 

f:id:hidden_12:20210210202944p:plain

構成もゲームシステムとのバランスがよかったと思います。

DQ1では1人旅。DQ2では3人。DQ3では自由にパーティを組みます。

それらのさまざまな組み合わせで生まれるゲーム性も、考慮されていたのだと感じます。

 

一章は王宮戦士ライアン

呪文を使えないライアンの補助役としてホイミンが加わります。

 

二章は姫アリーナと神官クリフト、魔法使いブライの3人。

道家と僧侶と魔法使いという、黄金比的なチームです。

攻撃役と回復や補助呪文役と、攻撃呪文役といった役割分担をして、一人では太刀打ちできなかった強敵に立ち向かっていくことができます。

 

三章は武器屋トルネコ

呪文も使えない、戦闘も得意ではないという主人公。

それまでのRPGにみられた「経験値稼ぎ」よりも、お金を稼ぐことで進めるイベントがおもとなっていて、ボスも登場しないというめずらしい構成。

ダンジョンへ潜るために、傭兵を雇うことができるあたりも「お金」とうまく絡めていて見事です。

 

四章は踊り子マーニャと占い師ミネアの姉妹。

攻撃呪文のマーニャと、回復、補助呪文のミネア。

MPに頼る場面が多く、後半における難易度アップの意図もあるのかもしれません。

物理攻撃が苦手な2人の補助役としてオーリンが加わります。

 

五章は勇者の1人旅からはじまり、それまでの章の主人公と出会って仲間に加えていきます。

 

「章仕立て」で区切られているため、そこを不満に思うプレイヤーも少なくはなかったのかもしれません。

 

けれどドラゴンクエスト』って、旅立ちが一番ワクワクするんですよ。

 

はじめて町から出たときなんて、HPがひと桁そこらで、スライム1匹にも苦戦します。

HPが削られて、すぐにメニュー縁取りの色が変わって焦ります。

死んでしまうと稼いだお金は半分になりますからね。

 

店に並んでいる装備品のラインナップも絶妙です。

 

武器か防具か。あるいは「やくそう」を買いこんでレベル上げに注力するか。

攻撃は最大の防御。やっぱり武器を買おうか。

もう少しで新しいものが買えるけど、それを我慢してもう少しお金を貯めれば、この店で一番強い武器が買えるな。

 

レベルがあがった。

スライムが一撃で倒せるようになったから、もう少し町から離れたところまで行ってみよう。

やくそうを買ったら防具が買えなくなるけど、遠くに行ってみたい。

橋を渡るとモンスターが強い。まだ早いな。やっぱり防具も整えて行こうか。

とやっているうちにレベルがあがり、もう少しで防具も買えそうだ。

 

……とまあ、こんな具合に、最初の町から旅立つまでのドラゴンクエストが、DQ4では一章から五章までで5回も楽しめるわけです。

 

開始時点でのHPが少ないことが、このドラマを生んでいます。

はじめから3桁のHPがあったら、こういう葛藤は生まれなかったと思うんですよね。

 

リメイクや移植作がDQ3に比べると少ないので、今後に期待です。

特に好きな作品なので、常に現行機で遊べるように、移植を重ねていってほしいです。

触れたことのない人は、この機会にぜひ遊んでみてください。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ