たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【ゲーム】伝説となった名作:ドラゴンクエストIII そして伝説へ…【DQ3】

f:id:hidden_12:20210209201354j:plain

f:id:hidden_12:20210209201427p:plain

1988年2月10日はドラゴンクエストIII そして伝説へ…の発売日。

社会現象まで引き起こした伝説的なRPG作品です。

というわけで今回は

「伝説となった名作:ドラゴンクエストIII そして伝説へ…についてのお話。

 

 

勇者オルテガの息子

f:id:hidden_12:20210209201519j:plain

勇者オルテガの息子 ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

物語はロトシリーズ3部作」の完結編。

亡き父オルテガの遺志を継いだ主人公の勇者。

魔王バラモスを倒し世界を救うことが目的として提示されます。

 

システム面にもさまざまな進化がみられます。

まず、パーティ編成人数が4人となりました。

キャラメイクシステムが導入されたことで、名前や職業を選択した仲間を任意で選択できます。

昼と夜の変化による時間の概念が導入されたことで、シナリオ面でも幅が増しました。

移動手段として船のほかに、飛行ができるラーミアが登場しましたね。

 

のちのRPGではあたりまえの要素となっていったもののなかには「DQ3からはじまった」というものも少なからず存在するでしょう。

 

シリーズ通して、おそらくもっとも人気のある作品だと思います。

リメイク・移植作がたびたびリリースされていることも、その証拠だと思います。

 

私は最初に触れたのがドラゴンクエストIV 導かれし者たちだったので、個人的にはそちらのほうが思い出深いのですが、発売時の人気ぶりはやはりDQ3が一番だったと思います。

 

f:id:hidden_12:20210209201727p:plain

鳥山明さんによるパッケージイラストも魅力的で、ファミコンソフトのラベルを眼にするだけでワクワクする、というのは驚くべきことだと思います。

今回も、イラストを描きながら冒険の数々を思い出し、頭のなかでは音楽が流れはじめ、いつの間にかワクワクしながら描きあげていました。

 

もし、まだ遊んだことがないという人は、ぜひ触れてみてください。

伝説的な名作は、いつの時代にも楽しめると思います。

 


それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ