たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【人物】繊細さを支えるたくましさ:水樹奈々【努力の人】

f:id:hidden_12:20210120180755j:plain

f:id:hidden_12:20210108190407p:plain

「創作」の視点で人物を洞察するシリーズ。

1980年1月21日は、水樹奈々さんの誕生日。

声優としても歌手としても第一線で活躍されていますね。

というわけで今回は

「繊細さを支えるたくましさ:水樹奈々についてのお話。

 

 

水樹奈々

f:id:hidden_12:20210120195555j:plain

水樹奈々+パス

歌手志望だった父親に「演歌歌手」の夢を託され、5歳から中学を卒業するまで「毎日休まず」猛特訓を受けていたそうです。

 

その特訓ぶりは筋金入りだったようですね。

  • 音感を養うためにピアノやエレクトーンを習う。
  • 歌手になったときにサインを求められて困らないよう書道を学ぶ。
  • 門限に5分でも遅れると物置に閉じこめられる。
  • 友人の家を行き来することについてもいい顔をされなかった。

などなど。

 

確かに厳しい。

しかし、この時点ですでに「有名人として仕事をするなら一流であれ」という視点であつかいを受けていたようにも見受けられます。

それによってご本人の意識も「自分は歌手になるんだ」と、より強いものへと変化していったことも考えられます。

 

創作に没頭していると、自分がどうなりたいのかとか、作品をどういったかたちで発表したいかなどといったことは、つい忘れてしまいがちです。

しかしそこできちんと「イメージ」ができれば、やるべきことも、より厳選されて見えてくるものではないでしょうか。

 

そんな幼少期を送っていた水樹さん。

地元では「のど自慢大会荒らし」と呼ばれていたというくらいですから、厳しさにも拍車がかかっていたのかもしれません。

 

中学2年で芸能プロダクションから声がかかり、所属の条件が「のど自慢全国大会での優勝」。

見事その条件をクリアしたところから、上京されたようです。

 

f:id:hidden_12:20210120200221p:plain

学業の途中から声優の勉強をはじめたそうですが、歌手デビューよりも声優デビューが早かったのですね。

それで世間的には「声優が歌手もやっている」というイメージがあるのかもしれません。

 

f:id:hidden_12:20210120200136j:plain

「声」による表現というジャンルで、幅広く活躍されていることで世間からは「才能がある」「天才だ」と評されることも少なくない水樹さんですが、実際にはとにかく「努力の人」だと思います。

周りの人が遊んでいるときにも、ずっと努力してきた人でなければ、本来の繊細さを支える「たくましさ」は築けていないのではないでしょうか。

 

f:id:hidden_12:20210120200254p:plain

きっかけは親の夢だったのかもしれませんが、とにかく負けず嫌いで、努力を重ねる方のようです。

ひとつところに留まることなく、常に先を、自分のやりたいことを目標にして走っている、という印象を受けます。

 

やりたいことがあるのなら、全力で振り切っていきたいですね。


私が思い出深いのはMETAL GEAR SOLID PEACE WALKERで演じられたパス

f:id:hidden_12:20210120195922p:plain

パスは内面が複雑で、その続編においても続投して難しい役柄だったと思いますが、空気感を一気に変える表現力で、見事に演じられていました。

 

小島秀夫監督作品『DEATH STRANDING』ではレア・セドゥさん演じるフラジャイルの吹き替えを担当されています。

f:id:hidden_12:20210120200020p:plain

こちらもパスと同じく内面の複雑な難しいキャラクター。

小島監督「この人物を演じられるのは水樹奈々さんしかいない」と即決したそうです。

 

 

日頃の創作でも、水樹さんのように「人の心を掴む表現」を求めていきたいものですね。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ