たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

生産性を高めて進める、日々の創作活動などを紹介するブログです。

『夜明けの続唱歌』の登場人物 : ベルムフランマ

f:id:hidden_12:20201018174351j:plain

創作中の物語『夜明けの続唱歌より。

引き続き2012年の絵です。

赤い蛇。

架空の獣を物語に登場させるにあたって。

 

 

(2012,11,11)燹竜蛇(ベルムフランマ)

f:id:hidden_12:20201018174505j:plain

(2012,11,11)燹竜蛇(ベルムフランマ)
f:id:hidden_12:20201018174552j:plain

 

燃えるような赤い躰をもつ蛇。

神話の時代に創られたとされる神獣で、その役割については諸説ある。

そのなかでも揺るがないのは、超古代に地の民との接触があった、という点。

 

架空の獣をどのように物語に絡ませて登場させるか、というのは作品によって実にさまざまだと思います。

 

蛇は実在こそするものの、モチーフとしても取り入れやすく、ファンタジーとの馴染みも深い印象。

紋章や指輪、装備の装飾など、用途は多いですよね。

悪く言えば「ベタ」なのかもしれません。

 

しかし、ベタだからといって避けてしまうのではなく、そこに新たな要素を追加していけば、外見は特別変わったところのない蛇でも、見せ場を作ることはできるはずです。

大切なのは、魅力がある場面が描けるかどうか

そこで問われるのは、斬新なクリーチャーのデザインよりも、その獣がしっかり「生きて」いるか、ということ。

 

完全にオリジナルなモンスターももちろん魅力的ですが、ありきたりなものをどれくらい輝かせ、活躍させられるか、ということも、腕の見せどころではないでしょうか。

 

ちなみにこの蛇、蛇年の年賀状に使いました。

赤では禍々しいので、金色の蛇に。

 

f:id:hidden_12:20201018175854j:plain

(2013,01,01)蛇

 

 

『夜明けの続唱歌』関連の前回の記事はこちらからどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

『夜明けの続唱歌』については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ