たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

『夜明けの続唱歌』の登場人物 (2010年)

f:id:hidden_12:20200819174726j:plain

2010年は環境が変わり、似顔絵などの依頼を中心にこなした時期でした。

お孫さんや娘さん、ペットの犬猫やフェレットまで、たくさんの方に喜んで頂くことができました。

その代りに創作の枚数は減ってしまいましたが、その間も試作は続けていました。

 

 

(2010,01,07)茸好

f:id:hidden_12:20200819175053j:plain

(2010,01,07)茸好

以前にも描いた茸好きな老人。

厚塗りを試みました。

突き詰めていけばもっと重厚な感じになりそうで、仕上がりとしては好みの方向性。

 

だったのですが、やはり一枚に時間がかかってしまいます。

一人に要する時間が過剰になると、今度は人数をこなすことが難しくなる。

「同じタッチで登場人物を描いていこう」という前提があるので、この塗り方はやむなく見送ることにしました。

 

以前描いた茸好き老人は、こちらの記事で紹介しています。

picoblog.hateblo.jp 

 

 

(2010,01,09)強靭_水彩

f:id:hidden_12:20200819175356j:plain

(2010,01,09)強靭_水彩

筆ペンでサッと描いて、水彩でサッと塗るスタイル。

 

 

(2010,01,09)強靭_油絵

f:id:hidden_12:20200819175434j:plain

(2010,01,09)強靭_油絵

こちらは、厚塗り風に塗ってみたものです。

 

 

筆ペンは、ぺんてる顔料インク<中字>FP5Mを使っています。

ぺんてる ぺんてる 顔料インキ 中字 (XFP5M)  文具・OA機器 文具・事務用品

価格:654円
(2020/8/19 17:57時点)

筆先がマーカー風の筆ペンではなく、毛束の筆先が再現されていて筆らしい筆跡になるのでお気に入りです。

筆ペン画は難しいです。

筆先のコンディションやインクの出方、かすれ具合。

紙にあてたときの腕の位置や角度、筆圧など、豊かな表現ができる半面、仕上がりを安定させるには まだまだ鍛錬不足でした。いま現在もですが。

流れるように描くことが理想。

描きはじめたら迷わないことが大切なのだと思っています。

 

 

『夜明けの続唱歌関連の前回の記事はこちらからどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

 

『夜明けの続唱歌については、こちらの記事も合わせてどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ