たぬぴこ!

創作活動などをゆるっと紹介するブログです。

【歌ってみた】チキンライス:松本人志さんの言葉選び【歌唱】

松本人志さん作詞の名曲『チキンライス』を歌いました。

松本さんによる歌詞がとても好きな楽曲です。
1番2番のサビでは「チキンライス"で"いいや」と言っていたのに、最後のサビでは「チキンライス"が"いいや」に変わる。1文字でも大きな違いです。

 

 

浜田雅功と槇原敬之 / チキンライス

youtu.be

※似顔絵は2015年に描いたものです。

 

豪華なものじゃなくても、やっぱり俺はチキンライス(の湯気の向こうに見えたような笑顔に囲まれているほう)「が」いいや、と読み取れます。

 

「親孝行とはなにか」を考えることが、もう親孝行なのかもしれないという歌詞ではじまるこの曲。

 

幼少期の松本さんは、貧乏でツラい思いもしたけれど、そんななかでも子供だった自分は、気を遣うことや、本当に大切なものに気づくことができた。

それを知って「親孝行とはなにか」と考えられる大人になったことが、つまりもう親孝行なのかもしれない、と言っているように感じます。

そしていまは、そんな幼少期を笑いに変えて稼いでいる。

 

それを慣れないながらも歌詞にして綴れるというのが、とても素敵だと思います。

 

あたたかな食卓が、一番の幸せですね。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ