たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【人物】ライバルキャラに命を与えた声:堀川りょう【ベジータ】

f:id:hidden_12:20210201100921j:plain

f:id:hidden_12:20210126155407p:plain

1958年2月1日は、堀川りょうさんの誕生日。

大ベテランとして数多くの作品に出演されながら、声優養成所の学院長もされています。

というわけで今回は

「ライバルキャラに命を与えた声:堀川りょうについてのお話。

 

 

ベジータ

f:id:hidden_12:20210201105007j:plain

ベジータ

一番知られているのはやはりドラゴンボールベジータ役ではないでしょうか。

個人的には銀河英雄伝説ラインハルトも印象深いのですが、やはり声を聞くと一番にベジータを思い浮かべます。

 

声優活動の当初は、線の細い中性的な役柄が多かったという堀川さんですが、このベジータ役が転機となり「主人公のライバルキャラ」を演じる機会が多くなったそうです。

 

f:id:hidden_12:20210201105046p:plain

私もベジータは好きなキャラクターです。

ツンデレという呼称がないころから、見事なツンデレぶりを発揮してましたね。

 

ベジータも活躍する『ドラゴンボール』劇場版のDVDBOXはこちら!

 

ベジータは、以降のオファーに影響が出るほどに「イメージの確立したキャラ」であることももちろんですが、堀川さんのキレと味のある声が、なによりそのイメージにピッタリとハマったからこその、変化だったと思います。

 

若手時代に、積極的な態度を誤解され、周囲から孤立してしまったことがあったという堀川さん。

そんなときに声をかけてくれた二人の声優に、ずっと感謝しているそうです。

 

一人は佐藤正治さん。

f:id:hidden_12:20210201105105p:plain

 

もう一人は戸谷公次さん。

f:id:hidden_12:20210201105125p:plain

 

そのことをきっかけにみんなと仲良くなれたとのことで、佐藤正治さんと現場で一緒になったときに「あのときは嬉しかったなあ」と言ったところ「まだ言ってるのか」と笑われたそうです。

堀川さんの熱いお人柄が現れているエピソードだと感じます。

 

熱意の強さゆえでも、誤解されることってありますよね。

そんなとき、手を差し伸べてくれる人がいれば、どんなに救われることでしょうか。

誰かから悪い噂をたてられたりして、距離を置かれているような人がいたとしても、本人をよく知らないうちから無用な先入観をもたず、自分の判断で人とつき合えるようなニュートラル」な状態に、常に自分を置いておきたいと思います。

自分が手を差し伸べられる位置にいるのなら、行動できる人でありたいですね。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ