たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【似顔絵】竹澤汀:ラ・ラ・ランドのカバー曲公開の意図を汲む【歌手】

f:id:hidden_12:20210617171429j:plain

f:id:hidden_12:20210617210529p:plain

1991年6月19日は、竹澤汀さんの誕生日。

Goose houseのメンバーの、シンガーソングライター。

 

 

竹澤汀

f:id:hidden_12:20210617210558j:plain

竹澤汀

汀(みぎわ)って、珍しい名前ですよね。

渚や波打ち際、水面に波が立たず平らなことを指す言葉ですが、そういった穏やかさがこめられた名前なのかもしれません。

 

シンガーソングライターが集まったグループ『Goose house』在籍時は、ボーカル、ギター、ピアノ、アコーディオン、ドラム、カホンなどを担当されていました。

絵本の執筆や朗読などもされていて、多彩さがうかがえますね。

 

歌声は、水分量が多く潤いを帯びたような揺らぎのある声質。

激しい曲よりもゆったりとした雰囲気によく合いますね。

youtu.be

つい先日、映画『LA LA LAND』(ラ・ラ・ランド)で主人公ミア(エマ・ストーン)が劇中で歌う曲のカバーが公開されました。

ミアのキャラクターとはまたひと味違う仕上がりになっていますね。

 

この映画で私も一番好きなシーンなので、歌を聴いているとまた観たくなってきます。

破れても破れても諦めない「愚かなすべての夢追い人に乾杯を」という内容の歌です。

モノ創りなど、孤独に夢と向き合う人には、特に刺さる歌なんじゃないでしょうか。

 

現在の社会情勢では、思うように活動のできない竹澤汀さんのようなアーティストも相当に苦しい状況だと思います。

そこでこの歌をチョイスするというところが、さり気なくも彼女の「諦めない」という意思表示と、同じような状況にいる人(=夢追い人)たちへのエールなのかな、と感じました。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ