たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【イラスト】天空の城ラピュタの思い出【ジブリ作品】

f:id:hidden_12:20201227174931j:plain

天空の城ラピュタより、シータ。

数年前の落書きに着色しました。

ジブリ作品、みなさんはなにが好きですか?

 

 

(2020,12,26)天空の城ラピュタ シータ

f:id:hidden_12:20201227175958j:plain

 

私が一番記憶に残っているのは天空の城ラピュタです。

 

ファンタジー色が強く、ロマンに満ちた雰囲気が好きでしたね。

印象深いキャラクターも、裾の膨らんだズボンも、すぐに思い浮かびます。

 

そもそも久石譲さんの曲が好きなんですが、もちろん主題歌『君をのせて』も好きです。

石井竜也さんがカバーされたバージョンは、何度かカラオケで歌ったこともあります。

 

ひときれのパンと、ナイフ、ランプをかばんに詰めこんで出かける、という姿は、どこか切迫した旅立ちの気配を感じさせますよね。

ぐずぐずしてはいられない。自分にはやりたいことがある。いますぐ出かけるんだ。といった、夢に向かう少年の熱量が伝わってくる詞だと思います。

 

天空の城ラピュタ』は何度も再放送されていますが、実は私がきちんと観たのは一度だけ。

そんな人も珍しいでしょう。

 

そのほかの作品も、同様です。

となりのトトロ魔女の宅急便もののけ姫も、一度しか観ていません。

それ以降の作品になると、観ることすら叶わずといった状態。

 

案外、ジブリ作品のイラストを描いたのも、今回がはじめてだったりします。

誰を描くか、と考えて最初に思い浮かぶのは「シータ」でした。

次点で「トトロ」か「ネコバス」、次いで「もののけ姫」あたりですかね。

 

そんな私でも多くの場面が記憶に刻まれているのは、やはりたくさんの印象深いシーンが描かれているからなのでしょう。

そしてそれを補うように、ダイジェストや「名場面」を紹介するような番組、あるいは「ものまね」で再現されるシーンで、たびたび思い出す機会が少なくなかったからかもしれません。

 

とはいえ、よくネット上などでネタにされているバルスのシーンについては、よく覚えていなかったりします。

ムスカの名台詞についても、観た当時はこれといって印象に残っていなかったです。

 

そのあたりを考えると、繰り返し観た人たちが「その作品ならでは」のシーンを切り取り「名台詞」として広めていく、という側面もあるような気がします。

 

私も何度か「もう一度きちんと観たいな」と思ったことはあるのですが、ひとたび機会を逃すと思い叶わず。

しかし先日、妻へのプレゼントに「Fire tv stick」を贈ったので、今後はストリーミングで観る機会があるかもしれません。

記憶に刻まれたシーンと「デジャヴ」のように重ね合わせながら観るのも、面白いかもしれませんね。

 

いま改めて観ることで、創作の勉強にもきっとなることでしょう。

新鮮な気持ちで観る日が、ちょっと楽しみです。

みなさんも自宅で過ごす年末年始は天空の城ラピュタを観てみませんか?

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ