たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【イラスト】サクラ大戦:真宮寺さくら【ゲーム】

f:id:hidden_12:20210922193406j:plain

f:id:hidden_12:20210920185932p:plain

1996年9月27日はサクラ大戦の発売日。

セガサターンで発売された「ドラマチックアドベンチャー」ゲーム。

 

 

真宮寺さくら

f:id:hidden_12:20210922193753j:plain

真宮寺さくら

ストーリー

時は太正十二年の日本。帝国海軍の士官学校を首席で卒業した新任少尉である大神一郎は、財界の大物である花小路伯爵より、秘密部隊「帝国華撃団」隊長の任を受け、帝都東京は銀座の帝国華撃団本部へ出頭する。しかし、そこは少女劇団「帝国歌劇団」が舞台に立つことで有名な劇場「大帝国劇場」だった。

秘密部隊ではなく、軍が運営する秘密舞台の雑用係(モギリ等)として呼んだという劇場支配人・米田一基の言葉に落胆する大神であったが、劇場に突然鳴り響く警報音と共に状況は一変する。米田の言葉は大神を試すためのウソであり、この劇場こそが間違いなく帝国華撃団の総本部、そして平時は舞台に立つ歌劇団の少女たちは、“霊力”を武器にして、帝都の平和を乱す魔に立ち向かう秘密部隊「帝国華撃団花組」の隊員だった。

大神は花組の隊長として、個性豊かな6人の隊員たちを、時には衝突しつつも一つの部隊としてまとめあげ、悪の組織「黒之巣会」へ立ち向かっていく。 

(Wikipediaより)

 

宝塚歌劇な舞台をこなしながら、帝都を乱す者と闘うという、新しい切り口で、一世を風靡する作品となりました。

戦闘パートはオーソドックスなシミュレーションRPGスタイル。

私が苦手なやつですね。けれどもこの作品は、友人に借りてクリアしました。

 

実際に担当された声優の方々による歌劇舞台もたびたび催されたらしく、いかに注目されていたのかがうかがい知れます。

主題歌も勢いがあって、作品の人気を後押ししたと思います。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ