たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【人物】表現できることを試行錯誤する:葉加瀬太郎【自分の音色】

f:id:hidden_12:20210123185453j:plain

f:id:hidden_12:20210123191640p:plain

1968年1月23日は、葉加瀬太郎さんの誕生日。

ヴァイオリニストとして活躍されていますね。

というわけで今回は

「表現できることを試行錯誤する:葉加瀬太郎についてのお話。

 

 

葉加瀬太郎

f:id:hidden_12:20210123190155j:plain

葉加瀬太郎

情熱大陸のテーマ曲などでよく知られていますね。

ゲームではファイナルファンタジーXIIのメインテーマ『希望』など。

 

f:id:hidden_12:20210123191428p:plain

葉加瀬さんの演奏は「ほかの人となにか違う」と感じる人が少なくないようです。

その直接の理由というわけではないですが、以前ご本人が語っていたお話が印象に残っています。

 

ヴァイオリンは、細い弦でも太い弦でも、音階の同じ音を出すことができるそうです。

通常は細い弦で弾く音階を、葉加瀬さんは場合によって、あえて太い弦を選んで弾くとのこと。

同じメロディなら、太い弦のほうが豊かな音色になるのだとか。

 

私は演奏家ではないので、知識不足なうえにうろ覚えですが、要約するとこういった内容のことをお話されていました。

 

いろいろなルールや制約のあるなかでも、人と同じことをしていては自分の色が出せないことってあると思います。

新しいことをやれば、批判を受けることもあるでしょう。

それでも、せっかく自分で表現するのなら、ほかの人がやらないことをやりたいじゃないですか。

 

ルールを破ってまでやることはありませんが、制約の範囲内であっても、試行錯誤することは忘れずにいたいと思います。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ