たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【イラスト】逆転裁判:誰もが「異議あり!」と叫べる法廷【ゲーム】

f:id:hidden_12:20211008195212j:plain

f:id:hidden_12:20211008195323p:plain

2001年10月12日は逆転裁判の発売日。

法廷バトルアドベンチャーと銘打たれたゲームシリーズの第一作です。

 

 

逆転裁判 成歩堂龍一

f:id:hidden_12:20211008195450j:plain

逆転裁判 成歩堂龍一

法廷バトルに軸足を置いた、画期的なゲームシステムにより、一躍人気作品となったシリーズ。

 

証拠をしっかり確認し、容疑者の喋ることを注意深く聞いていると出てくる綻び。

その「ほつれた糸」を見逃さず異議あり!」と指摘するところに、このゲームの醍醐味が詰まっています。

 

ゲームデザインが優れており、意図的に配置された「ほつれた糸」は、ほどよく見え隠れするバランスになっています。

そこに気づけたときの「!」が、脳にもほどよい「ひらめき」の刺激なのかもしれません。

そのため、子供から大人まで、幅広い層に支持されたのだろうと思います。

 

キャラクターも魅力のひとつとなっているはずです。

当初は続編が作られる予定はなかったそうですが、息の長いシリーズとなったことが、その証拠だといえると思います。

これについては「異議なし」でしょう(笑

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ