たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【イラスト】カイの冒険:プレイヤー自身が成長する【ゲーム】

f:id:hidden_12:20210719210333j:plain

f:id:hidden_12:20210713075043p:plain

1988年7月22日はカイの冒険の発売日。

ファミコン用の横スクロールアクションゲーム。

 

 

カイの冒険

f:id:hidden_12:20210719210841j:plain

カイの冒険 カイ

身軽さを与えるティアラの効果ということで、独特の浮遊感があるアクションとなっていました。

 

慣れないうちはその浮遊感に戸惑いますが、慣れてくるとテンポよく進められるようになります。

こういった「プレイヤー自身の成長」が反映されるゲームデザインは、バランス調整が特に難しいところですが、単純にレベルアップで数値が上昇するアクションゲームよりも、やりごたえがあるように感じます。

 

簡単なステージから、失敗を繰り返しつつ徐々に難しいステージへ。

そのなかで得られる小さな成功体験の積み重ねが、もうちょっとやってみよう、と感じさせるわけです。

これって、現実にも置き換えられることですよね。

ゲームで遊びながら体験したことが、いつの間にか現実に持ち帰ることのできる「経験」になっている。

単なる暇つぶしではない「遊び」の大切な一面だと思います。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ