たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【FF7R】クラウド・ストライフ

f:id:hidden_12:20200419182945j:plain

FINAL FANTASY VII REMAKE』より、クラウド・ストライフ

端整な顔立ち。凛とした横顔が映えていたので描いてみました。

2020年4月10日に発売された『FINAL FANTASY VII REMAKE』(ファイナルファンタジーVII リメイク)。

すでにプレイされている人も多いと思います。

 

FF7とはどんな作品だったのか

オリジナル版FF7が発売されたのは1997年。

f:id:hidden_12:20200419184224j:plain

1997年当時の雑誌『Vジャンプ

緊急増刊の文字が刻まれたこの『Vジャンプ』は1冊まるごとFF7特集。

こういった特集が各種雑誌で繰り広げられました。

それだけでも当時の注目度の高さがうかがえます。

 

表現の変化

広く普及したスーパーファミコンから、次世代機といわれたプレイステーションなどへの移行とともに、ゲームは大きく変わりました。

平面的なドット絵から立体的なポリゴンへ。

いわゆるピコピコなサウンドから、CD-ROMを活かした音楽へ。

表現の幅が広がったことにより、シナリオも、より演出などに力の入った内容へと変わっていった時期だと思います。

FINAL FANTASYならではともいえるCGによるムービーが随所で展開され、驚きと賞賛をもってその名を世界に知らしめた、といっても過言ではないでしょう。

そのムービーによって、キャラクターの細かな表情や動作などが表現できるようになりました。

いま現在の、実写とほとんど区別がつかないような映像とは比較にはなりませんが、業界を牽引してきたFINAL FANTASYの映像美の、変換期におけるその原点とも呼べる作品だったというのは間違いないでしょう。

f:id:hidden_12:20200419191324j:plain

インパクトのあるセフィロスの姿。

 

キャラクターの魅力

やはりファンが多いのは、なによりキャラクターが際立っているからかもしれませんね。

世界中のゲームファンが人気投票すれば、必ず上位にクラウドが入るはずです。

エアリスやティファ、そしてセフィロスもとても人気のあるキャラクター。

FF7をプレイしたことのない人にも、名前や姿は広く知られていると思います。

 

話題性もあり、リリース前からの注目度の高さと実際の作品の内容とが、ある種の相乗効果により、作品やキャラクターのブランド力をグッと押しあげた好例、といえるような気がします。

f:id:hidden_12:20200419191449j:plain

当時の『Vジャンプ』付録の冊子。

 

COMPILATION of FINAL FANTASY VII

人気のあるキャラクターたちはさまざまな作品にゲストで登場したり、以下のようなFF7のスピンオフ作品でその人物を掘りさげて描かれていたり、人気を理解しているであろう製作者側も、幅広い展開を行ってきました。

 

第一弾:ビフォア クライシス -ファイナルファンタジーVII-

    敵対勢力であったタークス視点で、FF7の6年前からFF7に至るまでの物語。

    (携帯電話での展開で、2018年3月末で配信終了)

 

第二弾:ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

    FF7の2年後の物語。圧倒的な映像美と声優陣の起用により、

    現在のFF7リメイクへ通じる基盤となったような作品ともいえます。

    この映像でゲームをプレイしたい、と当時のファンはみな思ったに違いない。

    (映像作品)

 


FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN COMPLETE

 

【中古】ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン コンプリート(限定版:PS3版「ファイナルファンタジーXIII」体験版同梱) Blu-ray Disc

価格:8,740円
(2020/4/19 20:07時点)
感想(0件)

第三弾:ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-

    FF7の3年後の物語。

    登場人物の一人だったヴィンセントを主人公に据えたガンアクション。

    主題歌はGACKTさんの「REDEMPTION」

    実写のGACKTさんがCGキャラクターと共演するエンディングが話題に。

    (プレイステーション2専用)

【中古】ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-

価格:3,480円
(2020/4/19 20:05時点)
感想(0件)

第四弾:クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-

    FF7の7年前の物語。

    主要人物のザックスを主人公に、FF7クラウドが背負ったものを描く。

    GACKTさんがモデルのキャラクタージェネシスも作品を彩ります。

    声もご本人が担当。

    (PSP専用アクションRPG)

【中古】アルティメットヒッツ クライシスコア -ファイナルファンタジーVII- - PSP

価格:6,164円
(2020/4/19 20:03時点)
感想(0件)

まとめ

さて、このたび発売された『FINAL FANTASY VII REMAKE』。

分作で、オリジナルFF7の序盤でエンディングを迎えるようですが、その内容は濃厚。

追加要素も取り揃え、ひとつの作品として充分なボリュームとなっています。

 


FINAL FANTASY VII REMAKE ファイナルトレーラー

 

【PS4】ファイナルファンタジーVII リメイク(FINAL FANTASY VII REMAKE)

価格:8,690円
(2020/4/19 20:00時点)
感想(19件)

絵だけが高画質化した「リマスター」ではなく「リメイク」です。

なにがどう「リメイク」されているのか、注目すべき点もあります。

 

自宅で過ごす時間のお供に、是非、触れてみてはいかがでしょうか。

そして興味を持ったなら、過去のスピンオフ作品も遊んでみることをおすすめします!

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ