たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【イラスト】ファイナルファンタジーX:ユウナ【FF10】

f:id:hidden_12:20210715201406j:plain

f:id:hidden_12:20210706171330p:plain

2001年7月19日はファイナルファンタジーXの発売日。

PlayStation2用ソフトとして発売されました。

 

 

ユウナ

f:id:hidden_12:20210715201539j:plain

ユウナ

新作発表のたびに、美麗なCGムービーが話題となるのが当時の『ファイナルファンタジー』でした。

特にハードがPS2になったことで、その表現力も大幅に向上し「水」を用いたシーンの描写は、この時期のこの作品ならではのテーマだったのではないかと思います。

 

主人公ティーダが活躍するのはブリッツボールという水中で行われる競技。

シンと呼ばれる巨大な存在が津波を起こす。

ユウナが死者の魂を浄化させる「異界送り」でも水による演出。

CMなどでも有名なティーダとユウナのシーンも水。

 

いずれも、表現が難しいとされてきた「水」への挑戦。

そのために構築された設定だったようにも思えてきます。

 

難しいから、大変だから、と挑まなければ生まれなかった世界です。

いつだって新しいものは、挑む人がいることで生まれます。

 

そう考えると、失敗した人を笑うことはできませんよね。

なぜなら、失敗する人は「挑む人」だからです。

彼らによって、世のなかの新しいものは生まれてきたわけです。

なにかに挑んだことのある人であれば、他人の失敗を笑わないものです。

 

自分はなにもせず、挑む人の失敗を笑う人生。

なにもしない人に笑われても、自分が挑む人生。

さて、どちらが豊かな人生なのでしょう。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ