たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【イラスト】スネークとジャック・バウアーの接点【MGSV】

f:id:hidden_12:20201119170411j:plain

引き続き2014年の絵になります。

METAL GEAR SOLID V』より。

「スネークとジャック・バウアーの接点」についてのお話。

 

 

(2014,02,22)二人のジャックは鬼になる

f:id:hidden_12:20201119170948j:plain

(2014,02,22)二人のジャックは鬼になる

METAL GEAR SOLID Vより、ネイキッド・スネーク(ビッグボス)と、俳優のキーファー・サザーランドさん。

 

なぜこの二人を並べて描くのか、ご存じない方のためにちょっと説明を。

 

『MGSV』は、それまでのような「キャラクターの台詞による表現」よりも「表情や声のトーンを用いた表現」に切り替えていこう、という方針のもと、それまで起用していた声優さんから、より「重いテーマ」に合わせて、渋みのある「スネーク」を表現できる俳優さんを探すことになったそうです。

 

そこで、小島秀夫監督が知人を通じて紹介されたのが、キーファー・サザーランドさんでした。

フェイシャル・キャプチャーという技術によって、役者の首の動作や表情、微妙な顔の筋肉の動きまでもが、キャラクターの動きに反映されます。

 

 

 そのあたりの経緯は、2013年のインタビューで語られています。


PRE-E3 2013『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』スペシャルインタビュー

 

 

キーファーさんといえば、日本ではドラマ『24-TWENTY FOUR-』ジャック・バウアー役でよく知られていますよね。

 

そして彼が『MGSV』で演じることとなったビッグボスも、本名を知る人物からは「ジャック」と呼ばれるキャラクターです。

(ビッグボスは称号。ネイキッド・スネークはコードネーム)

 

私は『MGSV』をプレイするより前に『24-TWENTY FOUR-』を全シリーズ通して、長らくキーファーさんの演技を眼にしてきました。

なので「ジャックがジャックを演じる」ということで、特に考えることもなく「二人を並べて描こう」と思ったわけですね。

我ながら、いかにも単純な発想です(笑

ちなみに「鬼になる」としたのは『MGSV』のテーマが「復讐」ということだったためです。

 

『24-TWENTY FOUR-』をずっと観てきたこともあり、確かに『MGSV』でも、スネークの表情の端々に「ジャック」を感じる場面が多々ありました。

顔は別人でも、表情の動きでいわゆる「中の人」を感じるわけです。

それくらい、表情で表現できることの奥深さも思い知らされましたね。

 

日本語版はスネークといえばおなじみの大塚明夫さんが声を担当されていましたが、英語版はやはりキーファーさんが演じています。

私は日本語版でのプレイでしたが、キーファーさんの声も素敵なんですよね。

どちらもオススメです。

 

 

Game Soft (PlayStation 4) / METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES THE PHANTOM PAIN 【GAME】

 

 

ひとつ前の過去絵紹介記事はこちらからどうぞ! 

picoblog.hateblo.jp

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ