たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【イラスト】2010年①面倒でもやり遂げたほうがいい理由

f:id:hidden_12:20200818171323j:plain

これまでに描いた絵を掘り返しつつ、紹介します。

今回から2010年のイラストに入ります。

3点お届けです。トラ、筆ペン落書き、DQ

 

 

(2010,01,01)猛虎

f:id:hidden_12:20200818171520j:plain

(2010,01,01)猛虎

2004年の申年から、一度きちんと描こうと決めてはじめた干支、7年目は寅年でした。

 

トラ柄!

あえてトライバル風味にしましたが、これがなかなか大変でした。

 

途中から面倒になってきて、簡単な線に変えようかとも思いました。

そして描き終わるころには「もうトラは二度と描きたくない……」と思ってました(笑

いまではそんなことないですけどね。

当時はこのくらいの描きこみでも、相当な労力を費やしていたのです。

 

あのころは、時間の確保がうまくできていなかったこともあります。

「ほかにもやりたいことがあるのに」という集中力の散漫が原因で、放り出そうとしてしまったんですね。

 

それでも7年目。干支を毎年きちんと描くと決めたのは自分です。

意地になって仕上げましたね。

おかげで、自分を裏切らずに済みました

 

面倒でもやり遂げたほうがいい理由というのは、つまりそういうことです。

自分にできないことや無理なことから逃げ出すのなら、まだいいのです。

この「面倒」という気持ちの裏には「やろうと思えばできるんだけど」という、優柔不断さが見え隠れしています。

払いのけられるようなことなら、迷っている時間がもったいない。サッサと決めてしまって、やり遂げたほうがいいです。

 

なぜなら、この「面倒」から逃げると「自分にはなにも成し遂げられない」というレッテルを、自分自身に貼ってしまいかねないからです。

歩みを止めてしまいそうなときは、ちょっと考えてみましょう。

 

それは「無理なこと」ですか「面倒なこと」ですか?

 

ちなみに、それなりに迫力があったのか、この虎の年賀状を送った方々からの評判はよかったです。

 

虎って、格好いいですけどやっぱり猫ですよね。

仕草を見てると、我が家の猫と同じ行動をとるので微笑ましいです。

 

 

(2010,01,06)鏑矢

f:id:hidden_12:20200818171645j:plain

(2010,01,06)鏑矢

筆ペン絵の練習で描いたものです。

 

タイトルの「鏑矢」(かぶらや)というのは、射ると音が鳴るように細工された矢のことで、合戦開始の合図などに使われたものです。

 

こういった雰囲気の絵には、筆ペンが合いますね。

ただ、まだ筆先が潰れてしまっていて、表情に乏しいと思います。

活き活きとした筆運びができればいいのですが、なかなか難しいのです。

 

 

(2010,01,06)勇姿

f:id:hidden_12:20200818171733j:plain

(2010,01,06)勇姿

ドラゴンクエストより。
筆ペンの練習で描いたものです。

 

いろいろと納得がいかず、後日描き直すことになります(笑

ときとして面倒に思えることでも、納得がいくまでやり遂げましょう。

 

 

ひとつ前の過去絵紹介記事はこちらからどうぞ!

picoblog.hateblo.jp

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ