たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【ゲーム】コナミワイワイワールド:人気キャラの共演【名作】

f:id:hidden_12:20210113180638j:plain

f:id:hidden_12:20210113182555p:plain

1988年1月14日はファミコンソフトコナミワイワイワールドの発売日。

コナミから発売されたさまざまなゲームの人気キャラクターが、アクションゲームで共演するクロスオーバー作品です。

というわけで今回は

コナミワイワイワールド:人気キャラの共演」についてのお話。

 

 

コナミワイワイワールド コナミマン

f:id:hidden_12:20210113183639j:plain

コナミワイワイワールド コナミマン

コナミ作品のキャラクター限定とはいえ、30年以上前にも夢のある魅力的なソフトが発売されていました。

 

クロスオーバー作品というと、どんなタイトルを思い浮かべますか?

 

コナミワイワイワールドの翌年、1989年に発売されて人気だったのは、週刊少年ジャンプの漫画に登場するキャラクターが共演するファミコンジャンプでしょうか。

f:id:hidden_12:20210113190032p:plain

当時は『北斗の拳』やドラゴンボールなど、大人気作品が連載中でその名をとどろかせていましたので、それはそれは大きな話題となったことでしょう。

 

現在では、任天堂キャラ以外にもさまざまなメーカー作品から人気キャラクターが参戦する大乱闘スマッシュブラザーズシリーズがよく知られていますね。

f:id:hidden_12:20210113185801p:plain

 

ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクター同士が闘うディシディア ファイナルファンタジーも話題となったのは記憶に新しいと思います。

f:id:hidden_12:20210113190414p:plain

 

キングダムハーツシリーズも、ディズニーキャラクターのクロスオーバー作品といえますね。こちらも人気シリーズです。

f:id:hidden_12:20210113190751p:plain

 

近年ではソーシャルゲームなどで「コラボ」として他作品からのゲスト参戦を実装し、話題性や新規ユーザー獲得に繋げる、というケースも見られます。

これらは俗にキャラゲーなどと称されることがあります。

キャラクターの人気を、ある意味では利用するかたちで、作品に登場させている(ように見える)わけですね。

 

しかし、単に「キャラクター人気にあやかっただけのゲーム」とは言い切れない作品もあります。

 

コナミワイワイワールドでは、コナミマンとコナミレディという、この作品独自の主人公キャラクターが登場します。(コナミマンは他作品で隠れキャラクターとして登場していたという経緯はありますが)。

f:id:hidden_12:20210113185122p:plain

 

そしてコナミ作品の人気キャラの力を結集し、悪の親玉ワルダーの打倒を目指すストーリーとなっています。

ロックマンシリーズのように、ステージを選択しどのキャラクターから助けていくかで、ゲームの難易度が変化するシステムも、プレイヤーに自由度を与えていましたね。

 

ところが、このゲームをプレイした当時、私はほかの作品をほとんどプレイしたことがなかったため、キャラクターへの思い入れは皆無だったのです。

 

がんばれゴエモン』より、ゴエモン

悪魔城ドラキュラ』より、シモン

月風魔伝』より、風魔

グーニーズ』より、マイキー

グラディウス』より、モアイ

キングコング』より、コング

(※一部キャラクターは権利上の都合で、移植時にはほかのキャラクターに置き換えられています)

 

当時は、見事に誰のことも知りませんでした。

プレイキャラを変更すると、そのキャラの作品のBGMに切り替わるのですが、のちに本来の作品で聴いて「あ、この曲はワイワイワールドで聴いたことがある」などと思ったものです。

 

いま知りましたが、サントラが発売されていました。名曲揃いです。

 

キャラクターを一人も知らない。それでも、楽しくプレイすることができたのです。

単なる「キャラゲー」とならなかったのは、単純にアクションゲームとして、完成されていたからだと思います。

 

難易度が高めで最初はクリアできず、友人からパスワードを教わって遊んでいたことをよく覚えています。

教わったパスワード「マンタンツ ホケレツロ タフエホ」は、いまだに覚えていますから、死ぬまで覚えているかもしれませんね。ほかにも覚えるべきことがあるだろうに。

 

ともかく、それぞれのキャラがもつ「スター性」があるからこそ「共演」が作品の魅力となるわけです。

しかしコナミワイワイワールドはそれを抜きにしても「名作」と呼ぶに相応しいゲームだったと思います。

 

 

クロスオーバーを自分の創作キャラで考えてみる

f:id:hidden_12:20210112150726p:plain

たとえば自分の創作キャラ「クロスオーバー」作品に登場するとしたら、どうでしょうか?

 

「想像するとちょっとワクワクする」というアナタ。

それは日頃から「自分のキャラクターたちに愛着をもって作品を作ることができている」という証拠なのだと思います。

 

将来、自分の作品に触れた人が「このキャラとこのキャラが会ったらどうなるんだろう」と想像してしまうほどに、魅力的なキャラを描いていきたいですね。

そして、各作品の登場キャラクターが集まっても「競合しない」ことが望ましいです。

ほかの誰とも「かぶらない」個性あふれるキャラクターを生み出していきましょう。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ