たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【創作】アイデアの種を育てる:世界の設定【舞台を構築】

f:id:hidden_12:20210220115314j:plain

f:id:hidden_12:20210220115352p:plain

「物語舞台の設定ができた!」

  • 主人公の名前や地名を決めた。
  • 地図を作って国や街の位置を決めた。
  • 登場するモンスターや魔法を決めた。

残念ながら、それだけでは「世界設定が済んだ」とはいえません。

いくつかの同人作品でアドバイスをしてきた私の実感として、そこを誤解している人は少なくありません。

というわけで今回は

「アイデアの種を育てる:世界の設定」についてのお話。

 

一番大事なのは

f:id:hidden_12:20210220115653j:plain

もちろん、地図や地名、国や街、活躍するキャラクターやモンスター、そして魔法の名称も大事な要素です。

 

しかし、それで設定は終わりではありません。

 

一番大事なのは、

世界が「その状態・環境となっている理由」をきちんと説明できる。

これが、世界を設定する、ということです。

 


理由が必要なのはなぜ?

f:id:hidden_12:20210220115749j:plain

たとえば、争うふたつの国があるとします。

対立する理由は、どんなものでしょうか。

 

国をあげて戦をするには、片方が悪者で、もう一方は立ち向かおうとしている、という理由だけでは、ちょっと弱いのです。

 

f:id:hidden_12:20210220124537p:plain

攻める側には、少なくとも利益が得られるという理由が必要です。

対立国に必要な資源があるだとか、特別な土地があるだとか、国としての利益がなければ、戦を仕掛けるほどの理由とは、なかなかならないわけです。

 

また、世界にはそのふたつの国しかないのでしょうか。

周辺諸国との関係に問題や、戦への介入はないのでしょうか。

 

利を求めているのは、ひとつの国だけではないかもしれません。

そのなかで、ひとつの国に戦を仕掛けることを決めたのは、なぜでしょうか。

 

王の個人的な恨みなども考えられますが、合理的な理由は必要です。

大臣や軍、国民への説明も、戦では重要になってきます。

 


SFを例に考える

f:id:hidden_12:20210220115850j:plain

ひとつのオーバーテクノロジーが存在する世界を描くとします。

 

  1. そのテクノロジーが世界にどういった影響を与えるのか。
  2. テクノロジーが存在するための条件はなにか。
  3. それらが生み出した影響が、間接的に世界におよぼす影響はなにか。

 

このように考えます。

 

そして最終的に、論理的矛盾のない舞台を構築する。

これがすなわち「世界を設定する」ということです。

 

 

結論:【創作】アイデアの種を育てる:世界の設定【舞台を構築】まとめ

f:id:hidden_12:20210220120021j:plain

ひとつの事柄が世界に大きな変化をもたらすことは、インターネットや携帯電話など、通信の普及によって起きた現実世界の変化からも、よくわかると思います。

 

昭和~平成の恋愛ドラマのように「待ち合わせなどで連絡手段がなくてすれ違う」といった展開は、携帯電話が普及した現代では説得力に欠け「描けない場面になった」といわれています。

 

f:id:hidden_12:20210220124554p:plain

ファンタジーでも、矛盾のない世界を舞台としなければ、必ず破綻します。

 

そのためにも、現実の歴史などは「アイデアの種」を得ることができる最適な資料になります。

 

描きたい物語世界には関係のない話だから、といって蓋をするのではなく、なんにでも興味をもって吸収をする姿勢でいることが、よりよい作品を生み出すためには必要なことだといえるのです。

 

興味をもち、吸収し、創作に活かしていきましょう!

 

【オススメ】簡潔でわかりやすい世界史のテキストはこちら。

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ