たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【創作】指輪物語:先駆者の生み出したもの【J・R・R・トールキン】

f:id:hidden_12:20210103012342j:plain

f:id:hidden_12:20210101222025p:plain

1892年1月3日はホビットの冒険』『指輪物語の著者として知られる J・R・R・トールキンさんの誕生日。

というわけで今回は

指輪物語:先駆者の生み出したもの」についてのお話。

 

 

(2021,01,03)J・R・R・トールキン

f:id:hidden_12:20210103012412j:plain

(2021,01,03)J・R・R・トールキン

作者であるジョン・ロナルド・ロウエル・トールキンは、言語学者でした。

 

f:id:hidden_12:20210101221720p:plain

1930年代、オックスフォード大学ペンブローク・カレッジで、教授として答案の採点をしていた彼は、白紙の答案にいきあたりました。

そこでなにをしたかというと、一節の文を書きつけます。

 

地面の穴のなかに、一人のホビットが住んでいました。

 

ファンタジー小説という未開の地を開拓したホビットは、こうして生まれたといいます。

 

もちろん、いきなりホビットが生まれたわけではありません。

当時のトールキンは、イギリス最古の英雄譚『ベーオウルフ』の研究をしていました。

そして自宅では、子供たちを寝かしつけるために「空想世界の即興物語」を話していたそうです。

話しながら、それまでに彼が生きてきた時代の環境や風景と合わさり、空想世界がかたちづくられていったのでしょう。

その積み重ねが、トールキンの生み出した『中つ国』の基礎を築いていったわけですね。

 

 

ジャンルの先駆者

f:id:hidden_12:20210101223147p:plainf:id:hidden_12:20210101223419p:plain

現在ではテンプレート化しているともいえる「剣と魔法が登場するファンタジーというジャンルは、こうして生まれました。

指輪物語が世界的にヒットしたことで、ひとつの概念となったともいえるでしょう。

 

その後、小説や漫画や映画、そしてゲームに至るまで、トールキン作品の「文化的遺伝子」を受け継いだ創作物が、生まれ続けてきました。

 

そして長い年月のうちに、トールキン作品は古典となり、多くの人が触れる機会を失ってしまいます。

しかし、そのまま消えはしませんでした。

 

f:id:hidden_12:20210101225111p:plain

映画ロード・オブ・ザ・リング3部作のヒットです。

 

 

(2015,01,03)レゴラス

f:id:hidden_12:20210101220759j:plain

(2015,01,03)レゴラス

レゴラスは映画ロード・オブ・ザ・リングオーランド・ブルームさんが演じた登場人物です。そのいかにもエルフといった姿で、人気のキャラクターとなりました。

 

この映画のヒットにより、古典となっていたファンタジー作品は、より堅固な「原典」として、再認識されることになりました。

 

そこには、多くの学ぶべき点があります。

原典・古典を知ることは、創作をするうえでも非常に有効です。

さらにトールキンは「言語学者」という立場で、空想世界を生み出しています。

そのため、地盤がしっかりしている、と考えることもできるでしょう。

なにも知らない人が思いつくものとは、説得力が違ってくるわけです。

 

f:id:hidden_12:20210103012642p:plain

そんなJ・R・R・トールキンが生み出した空想世界を知ることは、創作の基礎を学ぶことにも繋がります。

ホビットの冒険』や『指輪物語』のような空想世界にはどういった要素が必要で、どんなかたちで構築されているのか。

力強く堅固な原典を知ることで、アナタの空想世界にも、いまよりもっと説得力や、息づくような世界の姿を与えることができるはずです。

 

映画が入口でもいいので、一度はその原典に触れてみましょう。

思いつきで生まれた世界が、どのように存在し続けてきたのか知ることが、大きな一歩に繋がると思います。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ