たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【感覚】見えないなにかの気配を感じるのは?【正体】

f:id:hidden_12:20210601073302j:plain

f:id:hidden_12:20210601074557p:plain
なにかが近づくのを鋭く察知したりすると

「気配を感じる」なんて表現をしますよね。

  • 武術の達人が背後の行動を読む。
  • 敵意をもつ相手の接近を感じる。
  • 霊的なものの存在を感じる。

じゃあ、その「気配」ってなんなのでしょう?

 

 

気配の正体

f:id:hidden_12:20210601073503p:plain

たまたま、気のせい、思いすごし、などと結論づけることも少なくありませんよね。

心霊的な体験であれば、なおさらそう言われてしまうかもしれません。

見えないもの、説明のつかないものについては、なんらかのかたちで結論づけなければすっきりせず、なんとなく気持ち悪いので心理的に「気のせいだ」と片付けたくなるのもうなずけます。

 

しかし、本当に気のせいなのでしょうか。

 

過去に行われた実験では、そういった見えないものを感じる=「気配」の正体について、科学的な研究が紹介されています。

 

「気配」の正体。

研究によればそれは、活動をすることで身体の周りに生じる「電気」が原因なのだそうです。

微弱な電気が揺れ動くことで、なにかが触れたと感じたり、ハッと気配を感じて振り返ったりする、というわけです。

 

ちなみにこの電気、つまり「気配」を感じるのは体毛で、毛深い人ほどそれを感じるのだとか。

 

 

創作では

f:id:hidden_12:20210601075946p:plain

「気配を察する」という表現は、すでに一般化していますよね。

その「感覚」について敏感か鈍感か、といった個人差があるのが自然です。

 

ならばどういった人が、より気配に敏感なのでしょうか。

人間よりも、地震などを察知する能力を備えているといわれる動物たちが、そういった感覚に長じているというのは、多くの人がもつイメージではないかと思います。

  1. 自然崇拝などで感覚が洗練されている人。
  2. 武術の鍛錬などによって研ぎ澄まされている人。
  3. 鋭い直感力を備えている野性味のある人。
  4. 毛深い人。

1~3までは一般化しているので、そこに「毛深い」が追加できそうです。

「だから動物は鋭いんだ」といった捉え方も可能でしょう。

こういった人たちが「より気配に対して敏感」であれば、設定に裏づけがあり、うまく使うことでそこに説得力が加わるかもしれませんね。

 

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ