たぬぴこ!生産性を高めて『ゆる賢く』生きる

環境やツール選びなど、生産性を高めることで『ゆる賢く』生きることをオススメするブログです。

【創作】キャラクターの特徴づけ:ギャップを与える【二面性】

f:id:hidden_12:20210225203257j:plain

f:id:hidden_12:20210225203534p:plain

「ギャップ萌え~とはいうけれど」

  • いざ表現するとなると難しい。
  • 失敗するとキャラがブレてしまう。
  • どうすればうまく二面性をもたせられるの?

というわけで今回は

「キャラクターの特徴づけ:ギャップを与える」についてのお話。

 

 

ルドゥク・サンクトゥス

f:id:hidden_12:20210225203740j:plain

ルドゥク・サンクトゥス

いま書いている短篇小説の登場人物です。

ルドゥク・サンクトゥス。

元軍人で、退役後は作家をしています。

 

キャラクターに二面性=ギャップをもたせて、より魅力的に描こう、というのはよくいわれることですよね。

 

そこで考えるべきなのは、なにをもって「ギャップ」を表現するのか、という点です。

 

たとえばこの人物、ルドゥクは「元軍人」です。

眼に力があって体格もよく、まだまだ現役でも活躍できそうな外見。

ところがすでに退役していて、いまでは「作家」をしています。

 

確かに、二面性をもたせてあるようにも見えます。

動的な「軍人」と、静的な「作家」は、相反する職業のようにも思えますよね。

 

しかしどうでしょう。

これだけで「ギャップが与えられた」と、勘違いしてはいけません。

 

たとえば負傷して退役したのなら、肉体労働的な仕事には就けず、その経験を活かして作家をしていても、それほど不思議なことではありません。

 

 

ギャップを与えるには

f:id:hidden_12:20210225204737p:plain

忘れがちなことですが、読み手が「ギャップ」と感じるためには、まずはそのキャラクターに対して、しっかりとした「イメージ」をもってもらうことが必要となります。

 

現実でもそうですよね。

 

「あの人は○○な人だから~」というイメージをもっているからこそ

「そんな一面もあったんだ!?」と、ギャップを感じることになるわけです。

 

そこで大切になるのは、職業のように設定される「二面性」ではありません。

それだけに頼ると、破綻したブレたキャラクターになってしまいます。

 

ではなにをもって二面性を描くのか?

 

ズバリ「性格」です。

 

f:id:hidden_12:20210225205342p:plain

ドラえもんの登場人物を想像してみましょう。

わかりやすい例としては、やはりジャイアンでしょうか。

 

ジャイアンは普段、乱暴ないじめっことして、のび太を追い詰める役を担うキャラクターとして登場します。

ところが、映画などではときとして友情に篤いキャラクターとして描かれ、のび太を助けたりします。

視聴者は、このシーンにグッと惹きつけられますよね。

 

ここに「ギャップ」が生まれるのは、視聴者がジャイアンに対して「乱暴者」「いじめっこ」というイメージをもっているからです。

 

では、創作でそういったイメージを抱かせるキャラクターを描くにはどうすればいいのでしょうか?

 

それには簡単な技があります。

 

 

イメージを抱かせる個性を与える

キャラクターを「○○過ぎる」性格、という枠にはめるのです。

いくつかイメージがあっても、ひと言で言い切ってみてください。

 

f:id:hidden_12:20210225210103p:plain

ルドゥクは「理屈っぽ過ぎる」性格。

なんにでも、原因や理由を求めてしまいます。

それゆえにとっさの判断ができず、行き詰まってしまいがち。

世のなかには、理屈だけでは片づけられないことも少なくないからです。

終始そんなイメージを与える行動が多い彼。

 

ですが突然、放り出したように海に飛びこむような行動を起こします。

それはある「きっかけ」によって引き起こされた行動でした。

 

その突然の行動に「ギャップ」が生まれるわけです。

そのためにはやはり、基本となる「性格」がきちんと描かれる必要がある、ということになります。

 

キャラクターにギャップを与える場合は「性格」に注目してみてください。

 

 

それでは今回はこのへんで!

最後まで読んでくださってありがとうございます(´ω`)

プライバシーポリシー お問い合わせ